スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コースオブジェクト

最近BTBerが微妙に増えてるようですね。

僕は何もアドバイスとかできませんが、群サイのv1.1作ってた頃
某氏に添削してもらってたのですがその画像置いときます。

Kanban_01.jpg
Kanban_02.jpg
Fence Post_Bad
Fence Post_Good
Edge_01.jpg
コーナーのエッジがクリッピングポイントに
その後のメッシュ細分化にて解決


Tree root_01
Tree root_02

技術は作ってれば上達しますがこういった細かな
違和感とかに配慮するのは難しいと思います。
特にRBR系の景観作りを目指そうと思ってる人なら大事かも。
樹木は峠なら勾配やコーナー角の目印にもなるアイテムです。

01_【視線の送り先@ワインディング】
02_【コース脇オブジェクトのうち、その存在のおかげで現実感が増しているケース】
03_【コース脇オブジェクトのうち、その存在に違和感を覚えるケース
04_【コース脇オブジェクトのうち、その存在のおかげで現実感が増しているケース@RBR

コース製作はこういうほぼ自然発生的な事象を意図的に
作り出す事も要します。デバッグを吐くほど繰り返して詰めて
行けばオブジェの意味も分かると思います。

偉そうに書きましたが、実は僕も殆ど分かってませんです。
が、意識しておいて損はないと思います。

峠コース作るなら樹木は金払ってでも増やしたいオブジェですw
市街地コースならビル、看板ですかね。




コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://nuinui600.blog110.fc2.com/tb.php/331-1dde279c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。